講座参加者からの感想~足りないものを嘆くより、あるものに目を向けよう~

次世代ファミリーコーチのkimikoです。

最近、次世代ファミリーコーチング講座に参加された方から、素敵な感想をいただきましたのでご紹介いたします。

***************************************************************************
私は、娘と二人で暮らしています。気難しい親とは疎遠になっていて、家族のことをほじくられるのが大の苦手。正直に言うと、本当は何度も参加をやめようと思っていました。

参加した理由は、賛奈さんがコーチだったからです。人としても大好きだし、賛奈さんも同じシングルマザーだからです。

ひとつ疑問がありました。人間というのは足りないものに敏感です。それが家族であれば、尚更のこと。失った家族への痛み、見えない傷口からは血を流しているはずなのに、賛奈さんはなぜファミリーコーチになったんだろう。そういう興味です。(すみません)

受講してみて、賛奈さん自身が家族と真摯に向き合う姿勢に感銘を受けました。静かな佇まいの中に、すごいパッションがあるんだな、と。でなければファミリーコーチなんてできないですよね。

それに、改めて教えてもらったのは、家族という単位は、なにも一緒に暮らしているメンバーだけじゃないということ。子育てを含めて暮らすことに関わっている人は、みんなファミリーなのですね。

もっとマクロな視点で言えば、万物皆ファミリーといったところでしょうか。

そう考えると、足りないものを嘆くより、あるものに目を向けようという前向きな気持ちになり、見えない傷に瘡蓋ができました。参加できて本当に良かったです。有意義な時間でした。

ファミリーという単位を見つめることで、視野を広げる。コーチングの可能性についてもとても腑に落ちた次第です。

この度は貴重なお時間をいただき、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
***************************************************************************

講座の感想の中でsannaコーチの魅力にも触れていただき、とてもありがたく思うのと同時に、コーチ一同ますます「世界中にワクワクするファミリービジョンを!」を広めるために張っていきます!!

家族のステージを次に進めたいと思ったらご連絡ください

日本・企業の活力は家族から!チームイノベーションのコーチングメソッドをファミリー向けにアレンジしました。
自信を持ってご提供するノウハウを一生もののスキルとして身につけ、ぜひご家族のステージアップにご活用ください。