「ファミリーツリー」に込めた想い⑮~参加者の声~

こんにちは。マスタートレーナーのkimikoです。

今回は、北海度は札幌で開催された一般講座に参加された、M.K.さんからの「ファミリーツリー」を共有いたします。

—どのようなイメージで描きましたか?
樹木が好きで、森や林の中を散歩したり庭の木々を見たりすると癒されます。
自分のお気に入りの太い白樺の樹が心に思い浮かびました。
深くまで根を張っていて、幹に近い根が土から盛り上がり辺りに広がっています。
太い幹はとても高いところまで伸びているので、空に向かっている枝や葉は視界に入りません。
その枝葉で降り注ぐ陽の光や雨をたくさん受けとります。
存在感のある白い木肌の樹です。

—ファミリーツリーを描いたとき、どんな気持ちでしたか?
聞いたときははじめ、家族を樹になぞらえるのは難しいと感じました。
でも個性の違う3人のメンバーではなく「我が家族」というまとまりを樹のイメージに写そうとし、そこからは楽しんで「♪♫♪」という気分で描けました。言葉を使わずに表現するのが新鮮でした。

—改めてファミリーツリーを見返して、どんなことを思いましたか?
先ず、自分は家族をしっかりとしたものにしたいのだということ。
環境から光や水を十分に得て、木陰や止まり木の役目も果たします。
軸がしっかりと安定していて、外に開かれているという在り方を望んでいるのだと気付きました。

3つのキーワードを選んでから、描きました。
直感的に選んだ言葉は、普遍的な価値、共通項やスローガンではなく、3人の間の互いへの「思い」「在り方」を表した言葉となりました。(安心、信頼、協力)
私は、「家族のそれぞれがインディペンデントな状態で互いを支える関係」を求めていると気付きました

—ご自分のファミリーに一言
お互いの違いを知って、大切にしあう関係を作りましょう。

—次世代ファミリーコーチング講座のおススメポイントは?
私たちの毎日はたくさんの夾雑物に取り巻かれ、大切なものや本質的なことから意識が離れがちだと思います。
この講座で、自分自身を知り、それから自分を中心とした同心円の一番内側である「家族」にフォーカスして心の中や過去のことが引き出されていきました。
自分の内側と静かに対話できました。
そのために、普段の生活から完全に切り離された場所と時間が提供されます。そして、そのためだけにそこに居てくれるコーチが伴走してくれます。
「今」だけでなく、時の流れを遡ったり、未来に行ってみたりしながら、自分の中から言葉を紡ぎだすことで、気付くことや驚くことがいろいろありました。
自分の人生全体を俯瞰する豊かな時間を過ごすことができました。

 

私は講座の際に札幌の浩子コーチと共に参加していましたが、M.K.さんが一つ一つのワークに真剣に取り組んでくださり、その度に気付きを表現してくださり、共に学ぶことのできる素晴らしい時間を過ごせました。

分かっているようでなかなか言葉にする機会がなかったことも、気にすることなく表現できるのが次世代ファミリーコーチングの良さでもあります。まずは何でも言ってみることを良しとするコーチが各地で待っていますので、臆することなく参加してみてくださいね。

家族のステージを次に進めたいと思ったらご連絡ください

日本・企業の活力は家族から!チームイノベーションのコーチングメソッドをファミリー向けにアレンジしました。
自信を持ってご提供するノウハウを一生もののスキルとして身につけ、ぜひご家族のステージアップにご活用ください。